spain-bar.jp
| Pero | Pero Vamos | Muy | Muy(nagoya) | back to Spain-bar.jp |
グラナダのスペインバルのトップページへ
 
TOP MENU CHEF SPACE ACCESS
NEWS
ACCESS
BAR de ESPANA Pero
バル デ エスパーニャ ペロ

〒104-0061 中央区銀座6-3-12 [googlemap]
TEL 03-5537-6091/FAX 03-5537-6092
月~木・土 17:30~27:00(LO26:00)
17:30~28:00(LO27:00)
日祝 12:00~16:00(LO15:00)
17:00~22:00(LO21:00)

 

バル デ エスパーニャ ペロ  MAP
MAP拡大
以前のニュースはこちらから→
バル デ エスパーニャ ペロ  イメージ バレンシア近くの避暑地、アリカンテに「ヌウ・マノリン」という有名なバルがある。カウンター越しに最高峰の生ハムを振る舞うその道の職人がおり、地元のみならず世界各国からそのバルにお客様が訪づれ、生ハムやタパスをつまみにワインを楽しんでいます。

そのバルの造り、雰囲気、メニューをここ銀座で再現したのが、銀座には珍しい一軒家の当店。この空間にいるだけでワクワクする熱気、活気、陽気さが満ちあふれ、夕暮れ時から深夜まで毎日にぎわっています。
MENU
最高峰と名高いスペインブランド「ホセリート社」のイベリコ豚の生ハムを、まずはキリリッと冷えたカヴァやビールとともに。

各種タパス、煮込みや鉄板焼きに米料理など、軽いつまみからお腹を満たす料理まで本場の味がズラリ。
もちろん、スペイン産のカヴァやワインも豊富な品ぞろえ。

  MENU詳細はこちら(ぐるなび)

CHEF
山中 潤一料理長
山中 潤一(ヤマナカ ジュンイチ)


1979年三重生まれ。高校卒業後、エコール辻東京へ。
「アクアパッツァ」で日高シェフの元で学び、その後、「サイタブリア」などで修業。2005年、芸術家を多く輩出して料理にもかねてから強く惹かれていたスペインへ。バルセロナの日本食ブームの立役者「マツ」で2年働く。 帰国後、本場のスペインバルの味と雰囲気を求めて、2007年から㈱グラナダが運営するスペインバル、銀座「ペロ」で働き、スーシェフを務める。その後、新店の立ち上げ、2013年から丸の内「ムイ」のシェフを務める。2014年7月に古巣「ペロ」のシェフに就任。

「お客様と直に接するライブ感があるカウンターが好き。また料理や雰囲気を含め、楽しくてまた来たいと思うお店に自分自身も行くので、そんなお店を目指していきたい。」

SPACE
陽気なスタッフ、食材を並べたネタケース、オープンキッチンをぐるりと囲むカウンター、天井から吊られた生ハムがお出迎え。

1階はカウンター席とテーブル席。
カウンター越しのキッチンではシェフ新井のはじめスタッフ達がきびきびと働く。
2階のテーブル席は唯一、予約が可能。
首都高を臨む都会ならではの3階テラス席は“都会のエアスポット”、密かなファンが急増中。
1階のカウンター席
スタッフの面々 夜の外観
3階のテラス席 2階のイス席
シェフ愛用の小物たち 1階のカウンター席
スペインバル.jpのTOPへ spain-bar.jp
BAR de ESPANA Pero - バル デ エスパーニャ オチョ
BAR de ESPANA Pero - バル デ エスパーニャ オチョ
BAR de ESPANA Muy - バル デ エスパーニャ ムイ(東京店)
BAR de ESPANA Muy - バル デ エスパーニャ ムイ(名古屋ミッドランド店)